メルカリ楽しんでる?

メルカリが好きで副業も始めました。副業で生活できるまで書き続けます。

メルカリの悪い評価は取り消しできる。削除できるかどうかのポイントをあげていきます。

f:id:shiracoblog:20170607083819p:plain

おはようございます。白子よ。

メルカリの評価は今でもドキドキします。
自分が評価したら、すぐさまチェックします。

ほとんどが良い評価ですが…

悪い評価付けられたことありますか?

普通じゃなくて、悪いですよ?
普通でも結構くらうのに、悪いはかなりショックです。

でも、諦めるのはまだ早いです。
わたしは1回付けられたことがありますが、最終的には事務局に取り消してもらいました。

もちろんちゃんとした理由がないと取り消しまではしてもらえません。

基本メルカリは、取引相手から付けられた評価への対応はしないのが原則ですが、どうやら例外もあるみたいです。

今回は、取り消しできるかどうかを見分けるポイントをご紹介しますね。(メルカリから発表されているものではありません)

自分が少しでも悪いなら無理

これ、当然ですよね。

自分の心に手を当ててみて、「うん。まあそうなんだけど…でも悪い評価まではやりすぎやん」とかなら、取り消しはあきらめてください
逆切れです。

ちなみに、普通評価にしてもえないか、とかも論外です。
してもらえるわけありません。
相手にとってはそれくらい不快なことだったのです。

自分に少しでも後ろめたい気持ちがあるなら、次に同じことをしないようにしていくのみです。

 

今回の取引の評価かどうか

客観的に見て、今回の取引の内容での評価であるか、ということです。

たとえば「以前にも取引をしたことがあるのですが、そのときはこう言われました。なので信用して買ったのに条件が違いました。

とか。この場合、その商品自体の画像やタイトル、商品説明などになんの不備もない場合は、削除できると思われます。それは、今回の取引の内容にまったく関係ないことだから。


確かに、以前に伝えていたことと違う条件にしていることは紛らわしいですが、今回の取引だけを見れば、なんの落ち度もないですよね?

まあ、その相手を覚えていて「この前と条件違いますよ?」と取引メッセージで言えたらいいのですが、取引が多い人ほどそんなのいちいち覚えていません。

正直、「だったら購入前にコメントくれたらいいのに」というのが本音ですよね。
説明欄に書いてある内容が以前と違ったら、普通聞きます。

 

相手が感情的になっているだけの場合

これも結構ありがちだと思います。
ちなみにわたしはこれで削除してもらいました

わたしの例であげると、
確かに画像にあがっているとおりでしたし、タイトルにも説明欄にもきちんと書かれてありました。でも、これって私が想像していたものじゃなかったんです!

こんなんでした。

気持ちはわからないでもないですが、こちらも精一杯画像もわかりやすいように工夫して撮っていますし、説明も客観的に書いています。

わたしの感覚と相手の感覚が違ったケースですが、もうこれは防ぎようのないものです。
これがオンラインでのフリマの怖さといえるかも知れません。

本当に自分の思い通りのものを手に入れたければ、何度も質問して気が済むまで聞いて、それで購入するしかないのではないでしょうか。
(わたしは、購入しないことをおススメしちゃいますが)

商品自体に問題がないか

どれだけ1~3がクリアしていても、その商品自体がなにかいかがわしいものなら、削除をお願いするのはやめておいた方がいいです。

メルカリにはルールがあって、出品してはいけないものがあります。

グレーゾーンも確かに存在しますので、それに該当しちゃってそうな場合は、これから出品しないようにするとかして対策していくしかないと思います。

なにか怪しげな商品を扱っている人には、怪しげな人が集まってきますからね。。。

 

さいごに。悪い評価がついたとしても

やっぱりどう考えても、自分のせいで悪い評価を付けられてしまったら気持ちを切り替えてください。

間違ってもプロフィール欄に言い訳まがいな文章を入れるのはやめてください
たまに見かけるんです。言い訳。

「悪い評価を付けてきた○○さんは、ぜんぜんこっちゎ悪くないのに、さんざん説明もしていたのにこんな評価つけられて…」

とかです。

これは、はっきり言って逆効果。
まともな人からすると、「この人やばいな…」と思われるだけです。

もしまっとうな理由があるのなら、ぜひメルカリにお問い合わせしてみてください。
わたしにみたいに削除してくれるかもしれませんよ。

ちなみに、メルカリに問い合わせたときに言われたのが、悪い評価は取り消ししているのではなくて、見えなくしているらしいです。
余談でした。